娘が帰って来た時に、ムッとするニオイが…

KOCKYさん  30代 女性

 

私は30代後半の主婦です。ここ最近分かったことなのですが、私の小5の娘がワキガ体質のようなのです。

 

気付いたきっかけは去年の夏の話。
娘が小学校から帰宅した際にムッとするあの独特のワキガ臭がしたのです。

 

ワキガに対しての知識があまりなかった私は、最初は娘のニオイだとは思いませんでしたし、どこから妙なニオイがするのだろう?と思った程度でした。
ところがそんな娘のニオイには主人も気付いたらしく、主人から指摘すると傷ついてしまうだろうから私が上手くアドバイス&サポートしてあげるように言われて、やはり娘から出ているニオイだったのかと気付かされたのです。

 

それ以降、私は娘を傷つけないように注意しながら娘のワキガ臭の対策をしています。
ニオイ移りしにくい素材の下着やシャツを選ぶようにしたり、入浴する際には丁寧にわきの下を洗うようにも指摘しています。

 

またここ最近はワキガ専用の市販のデオドラントクリームを購入し、”高学年になったのだから、こういったクリームをつけて汗のニオイのケアをするのも女性としてのマナーだよ”というような言い方をして、
毎朝ワキの下にデオドラントクリームを塗布することを習慣とさせています。

 

娘はまだ自分がワキガ体質だと分かっていません。
時期を見て説明してあげるのが母親の役割だと思いますが、今はまだ説明しても理解できないでしょう。

 

だからこそ今は周囲から嫌悪感を持たれないよう陰ながらサポートしてあげるのが私の役割だと思い娘に接しています。

 

 

 

お子さんのワキガは、保護者の方が気を付けてあげましょう。

ワキガ臭の原因であるアポクリン汗腺は、脇に集中的に存在しており、思春期の頃に成長し活性化します。

 

小さいころには何ともなかったのに、
小学校高学年から中学生くらいにかけてアクポリン汗腺が活発になり、ニオイを発するお子さんも多いのです。

 

子どもの場合、自分で自分のニオイを自覚していない場合がほとんどで、またニオイのケアをするという意識もほとんどないと思います。

 

しかし、周りの子がニオイに気付いて「あいつ、くさい」などとはやし立てたり、「こっちに来ないで」などと冷たい言葉を投げかけてしまうこともありえます。

 

お子さんの臭いに気付いたら、このお母さんのように、保護者の方が先回りしてケアを勧めてあげるのが得策です。

 

ある程度の年齢になれば、自分でクリームを塗ることもできますし、毎日塗るように習慣づければ本人も気を付けるようになってきますよ。

 

Lapomine

関連ページ

先輩のわきが臭
職場の先輩のわきがのニオイに悩まされている、20代男性の体験談です。
職場の後輩のわきが臭
わきがのニオイって、周りの人に知らないうちに迷惑をかけていたりします。わきがの人の周りで、その臭いに迷惑している方たちの体験談を掲載しています。
彼女がわきが
わきがのニオイって、周りの人に知らないうちに迷惑をかけていたりします。わきがの人の周りで、その臭いに迷惑している方たちの体験談を掲載しています。
上司の強烈なわきが臭
職場で一緒に仕事をしている人がわきが。その強烈な臭いにいつも悩まされています。
上司のわきが臭 その2
上司だとニオイのことを言いづらい…。みんな我慢を重ねています。
大手企業のプロパーさんがワキガ
わきがのニオイって、周りの人に知らないうちに迷惑をかけていたりします。わきがの人の周りで、その臭いに迷惑している方たちの体験談を掲載しています。