妊娠・出産でワキガがひどくなった

ワキガになる原因は様々ですが、妊娠、出産の過程を経てワキガになる方もいます。

 

子供を産んだ後にワキの下の臭いが強くなる方、また妊娠した時からワキガを感じている方など、その症状も様々です。

 

どちらかというと、出産した後に臭いを感じる人が多く見られます。
妊娠・出産でワキガがひどくなった
特にワキガ体質の遺伝がある方は、感じやすいのかもしれません。
ワキガ体質の方は、ワキガの症状がある方よりも多いのです。

 

そのため、ワキガ体質だからといってワキガとは限りません。
ワキガ体質は、アポクリン汗腺からワキガ汗が出る人をいいます。
ワキガ汗の量によって、ワキガの臭いが強くなるのです。

 

そのため、妊娠や出産後にワキガの臭いが強くなる女性は、ワキガでなくてもワキガ体質の可能性が高いといえます。
妊娠、出産後にワキガになる原因としては、次のことが考えられます。

 

それは、ホルモン分泌のバランスの乱れです。

 

本来、女性は生理が始まると、ホルモンバランスの変化により妊娠しやすい体質になります。
しかし、妊娠により排卵日に受精し、プロゲステロンが優位になるのです。
そして出産を行うと、次はエストロゲン優位にとなり、ホルモンバランスに乱れが生じます。

 

このようなホルモンバランスの乱れによって、妊娠、出産後にワキガ臭が発生するのです。
また、ワキガ体質でなくても、汗が多くなれば汗の臭いが出てくることがあります。

 

そのため誰でも、妊娠や出産後にはワキガの不安を感じやすくなります。
妊娠、出産後に嫌な臭いがする場合、それがワキガなのか確認してみる必要があるでしょう。