子どものワキガ

ワキガは大人の問題と思われがちですが、実は子どもにも多く見られます。
ワキガについては低年齢化が進んでいますので、お子さんがいる家庭は注意してください。

 

ワキガ臭の原因であるアポクリン汗腺は、脇に集中的に存在しており、思春期の頃に成長し活性化します。
そのため、ワキガは思春期以降に出てくるものというのが、今までの通説でした。
しかし、最近は食生活の欧米化など、ライフスタイルが大きく変化してきています。

 

更に子どもの肉体的な成長が早まっており、ワキガが低年齢化しているのです。

 

ワキガの臭いについては、早い場合は小学校の低学年で発症することがあります。
ワキガ臭は周囲に影響を与えますので、早急に改善する必要があるでしょう。
特に子どもの場合、ワキガが問題でいじめなどに発展することがありますので、親御さんは特に気をつけてください。
大人の場合、他人からワキガの臭いを指摘されれば改善する人が多いはずです。
しかし子どもの場合、ワキガの臭いを理解できない方が多いのです。

 

ワキガの臭いを理解できずにいじめに遭い、その結果登校拒否などに陥るケースも見られます。
そのため、まずは家族が子どもにワキガのことを説明し、しっかりと対策してあげてください。
ワキガは臭いというだけで、ワキガがある方は不潔というイメージを持たれることもあります。
そのようなイメージを払拭するためにも、しっかりと対策をすることが大切です。

 

子どもがワキガの方の体験談