切らないワキガ手術「ミラドライ」とは

ワキガを治療する場合、手術も一つの選択肢といえます。

 

手術の方法も様々ありますので、その中から自分に合ったものを選択することが大切でしょう。

 

最近のワキガ手術では、「切らない」が大きなキーワードになっています。

 

以前のワキガ手術は、切除法や剪除法が主流でした。
この場合、メスを使って皮膚を切開し、ワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺の除去を行っていました。

 

手術の結果ワキガの臭いは消えますが、傷跡や術後臭などのデメリットが問題として挙げられることもあります。

 

しかし切らない手術によって、その問題も改善されました。
それが「ミラドライ」です。
東京プラチナムクリニック

 

ミラドライは電子レンジにも使用されているマイクロウェーブと呼ばれる電磁波で、アポクリン汗腺の組織を破壊します。
切らないワキガ手術「ミラドライ」とは

 

皮膚を切るのでなく、熱によってアポクリン汗腺を除去する方法です。
切らないワキガ手術「ミラドライ」とは
ミラドライであれば、数回の治療によって臭いを長期的に抑えることができます。

 

ワキガの根本治療として話題になっているのです。

 

しかし、ミラドライを受ける場合は注意が必要です。
というのも、ミラドライは現在限られたクリニックでしか導入されていないからです。

 

そのため実際に治療を受けるためには、そのクリニックまで赴く必要があります。

 

ミラドライは治療時間が短いので日帰りで治療できます。
また、皮膚の切開を行わないので傷跡が残りません。

 

更に、合併症や感染症のリスクが少ないのが特徴です。
近くにミラドライ手術を受けられるクリニックがあれば、検討してみるのは如何でしょう。